楊海

楊海

ヒカルの碁(漫画)の登場人物。読みは「やんはい」。

登場作品
ヒカルの碁(漫画)
正式名称
楊海
ふりがな
やんはい
関連商品
Amazon 楽天

概要

中国トップクラスのプロ棋士。語学に長けており、日本語、韓国語を話すことができる。気のいい性格で、伊角慎一郎が中国に修業に行った際に彼の面倒を見た。北斗杯では中国代表選手を団長として率いる。

関連人物・キャラクター

伊角慎一郎

進藤ヒカルより4歳年上で、初登場時は18歳の院生。年長者ということもあり落ち着いた性格で、院生仲間からも慕われる。充分な実力を持ちながら精神面の弱さを補いきれず、毎年プロ試験に落ち続けていたが、中国で... 関連ページ:伊角慎一郎

登場作品

ヒカルの碁

進藤ヒカルはある日、祖父の持つ古い碁盤に宿っていた棋士の幽霊・藤原佐為に取り憑かれてしまい、彼の言いなりに囲碁を始める。しかし、ライバルとなる塔矢アキラとの対局をきっかけに、自身も囲碁の魅力を知り、ま... 関連ページ:ヒカルの碁

SHARE
EC
Amazon
logo