楊 義元

ウエスタン武芸帳(漫画)の登場人物。読みは「よう ぎげん」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ウエスタン武芸帳(漫画)
正式名称
楊 義元
ふりがな
よう ぎげん

総合スレッド

楊 義元(ウエスタン武芸帳)の総合スレッド
2016.08.04 14:45

概要

『ウエスタン武芸帳』に登場するキャラクター。父は楊大元で、チャイナタウンの実権を握っていたが、宝によって、母と共に殺された。恨みを晴らすために屋敷に現れ、彼の弱点となるお小夜を攫って逃げた。お小夜を盾に宝を呼び出すが、父を卑劣漢と侮辱され襲いかかり、返り討ちにあってしまった。

登場作品

1800年代後半の日本では、フランスから科学兵器を取り入れた幕府軍が各地で圧倒的な勝利を収めていた。土佐・長州は降伏、薩摩の降伏も時間の問題とみられていたが、唯一の懸念は坂本龍馬の行方がわからないこと...