楠木 蹴斗

楠木 蹴斗

フットボールネーション(漫画)の登場人物。読みは「くすのき しゅうと」。

登場作品
フットボールネーション(漫画)
正式名称
楠木 蹴斗
ふりがな
くすのき しゅうと
関連商品
Amazon 楽天

概要

プロサッカーリーグの「埼玉レッドスターズ」に所属するサッカー選手。天皇杯2回戦で社会人リーグ3部「東京クルセイド」と対戦した。背番号10のフォワードで、小柄だがテクニックに優れたドリブラー。太もも裏の筋肉をうまく使えない、典型的な日本風のテクニシャン。父親は元サッカー日本代表選手を務めたDF。

指導者にはならなかったものの熱心に息子の試合を観戦し、ときに叱責してくる父親を重圧に感じている。沖千尋とはジュニアユース時代に対戦経験がある。

登場作品

フットボールネーション

「脚のきれいな選手求む」というコンセプトのもと、選手を募集する社会人リーグ3部のサッカーチーム「東京クルセイド」。その監督である高橋幹保は、欧州のサッカー強国の選手たちのように、足の筋肉を使える選手た... 関連ページ:フットボールネーション

SHARE
EC
Amazon
logo