楠 音次郎

楠 音次郎

陽だまりの樹(テレビアニメ)の登場人物。読みは「くすのき おとじろう」。伊武谷万次郎とはライバル関係。

登場作品
陽だまりの樹(テレビアニメ)
正式名称
楠 音次郎
ふりがな
くすのき おとじろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

蘭方医を敵視する奥医師の実力者多紀誠斉の意を受けて、手塚良庵の父手塚良仙を襲撃した際に居合わせた伊武谷万次郎の父を闇討ちした浪人。その後、下総国(現在の千葉県)の片貝で浪人の集団真忠組に入り、幕府の陸軍部隊歩兵組を率いて討伐にやってきた伊武谷万次郎と対決する。

右眼が盲している。

関連人物・キャラクター

手塚良仙

医師手塚良庵の父である府中藩藩医。丸眼鏡と土壌髭が特徴的な蘭方医。飄々として性格で、息子同様色町を好むが、医師としての腕は確かで、開明的な思想を持つ。伝染病の痘瘡(天然痘)の予防接種である種痘を日本で... 関連ページ:手塚良仙

伊武谷万次郎

関東の小藩である府中藩松平家に仕える禄高十五表二人扶持の下級武士。直情決行型の性格で不器用者だが、剣の腕は立つ。藩の江戸屋敷に勤務し、江戸城への登城の際には、門前の三百坂で他藩の行列との間に起こる競争... 関連ページ:伊武谷万次郎

関連キーワード

真忠組

『陽だまりの樹』に登場する集団。下総国(現在の千葉県)の片貝に出没し、尊皇攘夷を名目に略奪や暴行をはたらく浪人の集団。伊武谷万次郎 の父を闇討ちにした楠音次郎は中心人物の一人である。伊武谷万次郎は幕府... 関連ページ:真忠組

登場作品

陽だまりの樹

開国を迫る諸外国が来航していた幕末の日本に、対照的な二人の若者がいた。関東のとある小藩の下級武士である侍の伊武谷万次郎、そして江戸の医師手塚良庵である。無骨者の伊武谷万次郎と放蕩者の手塚良庵は対照的な... 関連ページ:陽だまりの樹

SHARE
EC
Amazon
logo