極天大聖魔鯱

悟空道(漫画)の登場人物。読みは「きょくてんたいせいましゃち」。別称、大殿。

  • 極天大聖魔鯱
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
悟空道(漫画)
正式名称
極天大聖魔鯱
ふりがな
きょくてんたいせいましゃち
別称
大殿

総合スレッド

極天大聖魔鯱(悟空道)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

滅法国の王。大殿の悪口を言うと首が伸びきって死んでしまう「ろくろの呪い」を国民全員にかけ、恐怖で民を支配している。世継ぎを残すことに執着しており、妊娠中に酒に溺れた妻、犯海の腹を裂いて離縁した。玄奘の美しさと清らかさに目をつけ、自身の子供を身ごもらせる。能面を着けた男性の姿をしており、如意棒をもたやすく切り裂いてしまう妖刀「濡村正」を携えている。

真の姿は巨大な鯱。

登場人物・キャラクター

濡れるような美貌を備えた人界の尼僧。帝の命で「ありがたいお経」を手に入れるため、沙悟浄、猪八戒ら二人の弟子と共に天竺へ旅に出る。心から仏道に帰依し、深い慈愛と思いやりの心を併せ持つ徳人。自己を戒める気...

登場作品

美しく強い心を持った尼僧・玄奘は、妖魔の暮らす獄界の脅威から人の暮らす人界を守るありがたいお経を手に入れるため、七つの獄界を越えた先にある聖地・天竺へ向かうこととなった。弟子の沙悟浄・猪八戒と共に旅を...