風恋記(漫画)の登場人物。読みは「ひさぎ」。別称、斎の宮。

  • 楸
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
風恋記(漫画)
正式名称
ふりがな
ひさぎ
別称
斎の宮

総合スレッド

楸(風恋記)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

夢占が恐ろしく当たると評判になり、4歳の時に後鳥羽院に買われ、宮廷に仕え、託宣する巫女として養われる。後鳥羽院に対しても弱みを見せず気丈に振る舞うが、露近に恋をしたことから占いに支障を来し、関係をもったことから霊力を失った。

登場人物・キャラクター

『風恋記』の主人公の1人。幼い頃に母を亡くし寺に預けられた。地紋の証と言われる足の裏に黒子がある公達。父が行方知れずとなり遠縁の秋葉の介に引き取られ、秋葉融明と兄弟のように育つ。盗賊に襲われ発現したオ...

登場作品

鎌倉時代。天紋を持つ秋葉融明と地紋を持つ露近の二人の少年は、武蔵野国秋葉の庄で出会い兄弟のように育つ。盗賊に連れ去られた露近は、秘めたオニの力で救われたが、その身を恥じ、相次ぐ天災を沈める生け贄として...