榊 龍男

メドゥーサ Medusa(漫画)の主人公。読みは「さかき たつお」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
メドゥーサ Medusa(漫画)
正式名称
榊 龍男
ふりがな
さかき たつお

総合スレッド

榊 龍男(メドゥーサ Medusa)の総合スレッド
2016.07.11 19:04

概要

孤児だったが、幼いときに民自党所属の国会議員、榊龍太郎に引き取られ、その養子となる。城南大卒業後、民自党幹事長の田丸善太に師事。25歳で義父の地元である福岡5区から出馬し、トップ当選を果たす。内閣官房副長官、外務大臣を務めあげ、党内での将来を嘱望されていたが、己の信念を貫くために民自党を離党。

仲間の小倉一郎らと共に新党創樹会を結成。解散総選挙に勝利し、内閣総理大臣となる。榊龍太郎の実娘、榊陽子を愛しており、彼女と敵対するようになってからもその想いが変わることはなかった。

登場作品

ヴェトナム戦争が激化し、学生運動が激しさを増した70年代。城南大に通う榊龍男は、義父から娘の榊陽子を説得し、連れ戻すよう命じられる。彼女は学生運動にのめり込み、メドゥーサと呼ばれる凄腕の女運動家となっ...