預言者ピッピ(漫画)の登場人物。読みは「さかき」。

  • 榊
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
預言者ピッピ(漫画)
正式名称
ふりがな
さかき

総合スレッド

榊(預言者ピッピ)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

地震予知研究所の研究者の1人でヒューマノイド型コンピュータとして体を得たタミオの理解者。ピッピの中に存在するタミオを、もう1つの計算予知能力を有したバイオコンピュータとして相対させ、計算のやり直しをする目的。その再演算の担当者でもある。ピッピの思考ベースはより確実なデータの絶え間ない取捨選択から成り立っているが、タミオの場合はまだ確実でないデータをも含めて選択肢にしている。

ピッピには見えないものを見るために、人の“ヒラメキ”に似た精神構造を持たせた。不可能に挑もうとしているタミオは優しいエールを送る。まだ若い研究者で、眼鏡をかけた冴えない青年と言った外見。

登場人物・キャラクター

地震予知研究所で開発に携わる瀬川の一人息子。ピッピが作られた少し後に生まれて、2人は兄弟のように育った。預言ごっこはすぐに飽きて、想像力の翼を広げる事に夢中になった。彼の自由奔放な性格はコンピュータに...

関連キーワード

地震大国日本に設立された地震予知を行なう機関。メキシコ湾岸沖でマグニチュード7.2の大地震が起こったとき、3ヶ月前に警戒警報を行なった結果、死傷者ゼロの最小限度の被害で済んだ実績などがある。ピッピが開...

登場作品

ヒューマノイド型コンピュータピッピは地震予知のために開発された。だがある日、兄弟のように育ったタミオを目の前で交通事故によって失ってしまう。これを入力データのミスとして修復、この世の全ての災いをなくす...