権堂 十三郎

権堂 十三郎

薩摩義士伝(漫画)の登場人物。読みは「ごんどう じゅうざぶろう」。斯波左近とはライバル関係。

登場作品
薩摩義士伝(漫画)
正式名称
権堂 十三郎
ふりがな
ごんどう じゅうざぶろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

城下士の青年。ひえもんとりで父を斯波左近に殺されたため、武士の誇りを守り通すために斯波左近を倒すことを誓う。極端な精神論に走る二才教育に疑問を持ち、これに反抗しているため、他の武士からはつまはじきとなっている。郷士の娘と恋仲となり、結婚の約束をしていたが、父に強く反対された上、恋人を何者かに斬り殺されている。

後に宝暦治水に参加。

関連人物・キャラクター

斯波左近

薩摩藩の郷士の男性。藩からいただく俸禄だけでは生活が成り立たないため、大工や棺桶を作りなどを生業としている。上級武士の横暴な振る舞いに耐えきれず、報復としてこれを斬り殺した罪で捕縛。取り調べを受けてい... 関連ページ:斯波左近

関連キーワード

宝暦治水

『薩摩義士伝』に登場する治水工事。濃州・勢州・尾州にまたがる木曽川・長良川・揖斐川の三大河川の治水を行うよう、幕府より薩摩藩に命じられ、行われた。この工事の出費により、薩摩藩を困窮させようという、幕府... 関連ページ:宝暦治水

登場作品

薩摩義士伝

薩摩藩は幕府より濃州・勢州・尾州にまたがる木曽川・長良川・揖斐川の三大河川の治水を行うよう命じられる。多額な費用、および人足が拘束されることにより薩摩藩の弱体化を狙っているとも思われるこの幕命に、倒幕... 関連ページ:薩摩義士伝

SHARE
EC
Amazon
logo