樫沢 光輝

お茶にごす。(漫画)の登場人物。読みは「かしざわ こうき」。別称、ブルー。船橋雅矢とはライバル関係。

  • 樫沢 光輝
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
お茶にごす。(漫画)
正式名称
樫沢 光輝
ふりがな
かしざわ こうき
別称
ブルー

総合スレッド

樫沢 光輝(お茶にごす。)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

『お茶にごす。』の登場人物。軽挙高校1年生。男性。正義感があり、成績優秀で喧嘩も強く、女子にもモテモテ。両親が軽挙高校のオーナーであるため、同校に通っている。思い込みが強く、人の話を聞かない性格。完璧な男子と思われていたが、船橋雅矢によって髭が濃いという事実が発見され、それ以後、雅矢命名の「ブルー」という呼び名が広まって行く。

姉崎奈緒美に惚れてアプローチしたことがもとになり、雅矢と対立するようになる。しかし、雅矢が相手にしないため、不良を使って無理に戦いに持って行こうとするが、裏で糸を引いていたことを浅川夏帆に看過されてしまう。プライドが高いため、そのまま堂々と悪役を演じることを選び、引っ込みがつかなくなるが、その後雅矢に救われたり共闘するうちに和解。

雅矢の心や普段の行動を見るうちに、次第に彼をライバルとしてみるようになる。茶道部合宿の際に幽霊と誤解され、茶道部員達の深層心理に強烈な印象を刻み込んでいる。

登場人物・キャラクター

『お茶にごす。』の主人公。開架高校1年生。男性。大柄で強面な顔、圧倒的な身体能力と強さを持ち、中学時代は地域の不良達から「悪魔(デビル)まークン」と呼ばれて恐れられていた。本来は優しく曲った事は嫌いな...
『お茶にごす。』の登場人物。開架高校3年生。女性。茶道部の部長。礼儀正しく心の広い人物。新入生の勧誘で船橋雅矢に声をかけ、入部のきっかけを作る。優しく淑やかであるが多少天然ボケ。だが、譲れない場面では...

関連キーワード

『お茶にごす。』に登場する高校。樫沢光輝の両親が経営する高校で、柄の悪い生徒が多い。

登場作品

中学時代、「悪魔(デビル)まークン」の異名で恐れられた船橋雅矢は、高校入学を機に平穏な生活を願う。たまたま勧誘された部長の姉崎奈緒美の心の広さに魅かれ、茶道部に入部するが、持ち前の性格や過去の因縁など...