樹多村 光

樹多村 光

クロスゲーム(漫画)の主人公。読みは「きたむら こう」。別称、コウ。

登場作品
クロスゲーム(漫画)
正式名称
樹多村 光
ふりがな
きたむら こう
別称
コウ
関連商品
Amazon 楽天

概要

「キタムラスポーツ用品店」の一人息子。右投げ右打ちで、ポジションはピッチャー。幼少期からスポーツ用品に囲まれていたが、野球に関しては長らく興味を抱くことはなかった。しかし、近所の「月島バッティングセンター」にはよく通っており、特に直球に対するバッティングは、当時から大人顔負けだった。千川北小学校5年生の時の草野球では、誰も打てなかった赤石修の球速100kmを超える直球をジャストミートし、ホームランにしている。また、それと同時期に月島青葉の美しい投球フォームを見て憧れを抱くようになり、野球に対する興味が湧くようになる。6月10日生まれで同じ誕生日の月島若葉とは両想いだった。若葉の勧めもあり、青葉と同様のトレーニングメニューを「日課」としてこなしていた。夭折した若葉の夢を果たすため甲子園を目指す。

星秀学園中等部に進学後は、「自信がなかった」として野球部に入部しなかった。しかし、小学生時代から続けていた「日課」と、中西大気と行っていたピッチング練習により、ピッチャーとしての基礎はすでにできあがっていた。高校は、星秀学園高等部に進学し、ついに野球部に入部する。変化球はあまり得意ではないが、直球には定評があり、高校1年時点では135kmだった球速が、高校2年生になると150kmを計測し、高校3年生の夏には、最速158kmを記録するまでになる。持ち球はストレートの他、青葉から教えられたスライダー、カーブ、カットボールに加え、チェンジアップも投げることができる。また、身体能力も高く、チーム一の俊足の持ち主でもある。バッティングも得意で、他校からは「東雄平の次に危険」と警戒されている。

関連人物・キャラクター

月島 若葉

月島清次の娘で、月島家の次女。コウ(樹多村光)と同じ日に同じ病院で生まれており、幼少期からよく行動をともにしてきた。光に好意を寄せており、毎年プレゼント交換をする仲で、20歳で婚約指輪をもらうと、予定... 関連ページ:月島 若葉

関連キーワード

星秀学園

『クロスゲーム』に登場する中高一貫教育校。樹多村光たちは中等部から通っている。高等部野球部は不良の溜まり場と化していたが、志堂英太郎教頭が、校長の病気療養中に校長代理となって独断で予算を動かし、甲子園... 関連ページ:星秀学園

プレハブ組

『クロスゲーム』に登場する星秀学園高等部野球部の2軍的なグループ。新任の大門秀悟監督が行った選抜テストに落ちた選手、テストを拒否した選手が追いやられる。部室は物置同然の「ふあ~む」と書かれたプレハブ建... 関連ページ:プレハブ組

登場作品

クロスゲーム

小学5年生の時に最愛の幼なじみを失った少年が、徐々に野球にのめり込み、[甲子園]優勝を目指す姿を描いた青春高校野球漫画。「週刊少年サンデー」2005年22・23号から2010年12号にかけて連載された... 関連ページ:クロスゲーム

SHARE
EC
Amazon
logo