橘 あきら

橘 あきら

恋は雨上がりのように(漫画)の主人公。読みは「たちばな あきら」。別称、あきらちゃん。

登場作品
恋は雨上がりのように(漫画)
正式名称
橘 あきら
ふりがな
たちばな あきら
別称
あきらちゃん
別称
橘ちゃん
関連商品
Amazon 楽天

概要

背が高くスレンダーなスタイルで、凛々しい顔立ちの少女。6月21日生まれの17歳で、風見沢高校に通う2年生。黒のロングヘアで、アルバイト中や陸上競技ではポニーテイルにするのが基本だが、お団子に結うこともある。比較的寡黙で、表情変化が少な目。吊り目気味なこともあってか、怒っていると勘違いされることがしばしばある。一見取っつき難い印象だが、根は優しく真面目な性格で、クラスメイトや後輩、アルバイト仲間に慕われている。ただし、恋愛問題で気軽に相談できる相手がいないため、ネットの相談広場を活用している。周囲とはやや異なる独特のセンスの持ち主。幼い頃から走るのが大好きで、陸上短距離のエースだったが、右脚アキレス腱断裂によって競技を断念。陸上部を退部する。

絶望していたある日、「cafeレストラン ガーデン」で休んでいたところ、店長・近藤正己の優しさに触れ、以来、彼に強い恋心を抱いて「cafeレストラン ガーデン」でバイトをするようになる。口数は少ないが押しが強く、店内で告白をしたり、半ば強引にデートに持ち込んだり、唐突にキスをしたりと積極的にアプローチを繰り返す。極めて一途で、他の男性からモーションをかけられても、一切興味を持たない。45歳の店長とうまく距離を詰められず、悩み続けている。

胸がときめくものは、ピンクのガーベラ、白黒ソックスの猫、リボンのサンダル、バラの香りのハンドクリーム、お雑煮に入っているユリの根。賄いは、ほぼ決まってホットサンドを食べる。

登場作品

恋は雨上がりのように

17歳の女子高生橘あきらは、ふとした出来事がきっかけで、ある男性に想いを寄せる。相手は、よりによって45歳でうだつの上がらないファミレスの店長・近藤正己。ちょっと変った感性を持つ女子高生と、ごく普通の... 関連ページ:恋は雨上がりのように

SHARE
EC
Amazon
logo