橘 一馬

カムイ伝(漫画)の登場人物。読みは「たちばな かずま」。橘軍太夫とは親族関係にある。

  • 橘 一馬
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
カムイ伝(漫画)
正式名称
橘 一馬
ふりがな
たちばな かずま

総合スレッド

橘 一馬(カムイ伝)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

日置藩の目付けの橘軍太夫の嫡男。草加竜之進との勝負に負けてから、当てのない暮らしをしていたが、カサグレという謎の人物と修行を重ね、全身を武器とする無人流を会得する。その後、叔父の橘玄蕃と共に、軍太夫のために働いた。日置藩が改易されてからは、玄蕃と共に浪々の身となり、因縁の相手である竜之進と立ち合うが敗北する。

登場人物・キャラクター

日置藩の目付け。目障りな草加一門を誅殺するなど、藩政を壟断した。日置藩主の日置弾正が暗殺された後も、権力者であろうとしたが、日置藩の改易が決定すると、他の藩士の憎しみを一身に集め、自害に追い込まれる。
日置藩の次席家老、草加勘兵衛の嫡男。目付けの橘軍太夫の策謀により、父を始めとする草加一門を誅殺される。以後、軍太夫を仇と狙うが、やがて封建制度そのものに問題があると考えるようになる。やはり生き残った草...

関連キーワード

七万石の外様の小藩。藩主の日置弾正は暗愚であり、藩政は目付けの橘軍太夫に壟断されている。苛斂誅求に喘ぐ百姓たちが、何度か一揆を起こしている。徳川家康の秘密を握っており、それを暴くために多数の公儀隠密が...

登場作品

江戸時代の日置藩。夙谷の非人部落に生まれ、公儀隠密の下忍になりながら、抜忍の道を選ぶカムイ。花巻村の百姓の中でも最下層の下人から、身を起こし、やがて一揆のリーダーとなる正助。日置藩の次席家老の嫡男だっ...