檜原の爺さん

檜原の爺さん

もっけ(漫画)の登場人物。読みは「ひばらのじいさん」。檜原静流とは親族関係にある。

登場作品
もっけ(漫画)
正式名称
檜原の爺さん
ふりがな
ひばらのじいさん
関連商品
Amazon 楽天

概要

檜原静流檜原瑞生の祖父。神や妖怪などの異形を見ることのできる「見鬼」の眼を持ち、農業を営む傍ら拝み屋として妖怪関係のトラブルを抱えた人の相談に乗ったり、時には徐祓を行うこともある。妖怪に関わってしまう能力を持った孫娘を親から預かり、日常生活が送れるよう世話をしている。寡黙で厳格な性格だが、孫娘たちを心から想っており、自分の霊能力に悩む孫たちが独り立ちできるよう、厳しくも温かく手助けしている。

関連人物・キャラクター

檜原静流

檜原瑞生の姉。初登場時は中学2年生だが、物語後半で女子高に進学する。神や妖怪など、普通の人には見えないモノを見る「見鬼」の眼を持っている。瑞生と対照的に内向的な性格だが、困っている人を見捨てられない性... 関連ページ:檜原静流

登場作品

もっけ

姉の檜原静流は妖怪が見え、妹の檜原瑞生は妖怪にとりつかれやすいという、ともに妖怪を呼び寄せやすい性質を持つ姉妹。二人は妖怪が起こす騒動に巻き込まれると、祖父である檜原の爺さんの力を借りながら、なんとか... 関連ページ:もっけ

SHARE
EC
Amazon
logo