檜原 千歳

もっけ(漫画)の登場人物。読みは「ひばらちとせ」。檜原静流とは親族関係にある。

  • 檜原 千歳
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
もっけ(漫画)
正式名称
檜原 千歳
ふりがな
ひばらちとせ

総合スレッド

檜原 千歳(もっけ)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

静流瑞生の母親。現実主義者で、娘や父である檜原の爺さんのような妖怪に関わる能力は持っていない。そのため娘たちの能力も一種の精神疾患だと考えており、父が娘たちに妖怪の知識などを教えるのも快く思っていない。本当は娘たちと一緒に都会で暮らしたいと考えているが、娘たちは凶悪な妖怪がはびこる都会の生活に耐えられないため、妖怪の危険の少ない田舎に預け、時おり会いに来るようにしている。

登場人物・キャラクター

檜原瑞生の姉。初登場時は中学2年生だが、物語後半で女子高に進学する。神や妖怪など、普通の人には見えないモノを見る「見鬼」の眼を持っている。瑞生と対照的に内向的な性格だが、困っている人を見捨てられない性...

登場作品

姉の檜原静流は妖怪が見え、妹の檜原瑞生は妖怪にとりつかれやすいという、ともに妖怪を呼び寄せやすい性質を持つ姉妹。二人は妖怪が起こす騒動に巻き込まれると、祖父である檜原の爺さんの力を借りながら、なんとか...