歌川 広重

茶箱広重(漫画)の登場人物。読みは「うたがわ ひろしげ」。別称、一立斎 広重。おかやとは親族関係にある。

  • 歌川 広重
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
茶箱広重(漫画)
正式名称
歌川 広重
ふりがな
うたがわ ひろしげ
別称
一立斎 広重

総合スレッド

歌川 広重(茶箱広重)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

東海道五十三次などで知られる浮世絵師。主人公重宣の師匠。

登場人物・キャラクター

浮世絵師一立斎広重の1番弟子。33歳の時に先代が亡くなり2代目を襲名する。後に「広重」の印形を返上し喜斎立祥(きさいりっしょう)と名乗る。実在の浮世絵師、2代目歌川広重がモデル。
13歳のまだ幼き時に重宣と政略結婚させられたために重宣への愛情はなく、やがて若い弟子寅吉へ想いをよせていくことになる。実在した、初代広重の養女、お辰がモデル。

登場作品

浮世絵師一立斎広重がコロリで亡くなったため、1番弟子だった重宣が2代目を継ぐこととなり、まだ13歳の先代の娘、おかやと政略結婚することになる。ほかの弟子たちから妬まれるなか、重宣は次々と作品を描かされ...