歌川 静児

包丁無宿(漫画)の登場人物。読みは「うたがわ せいじ」。別称、静児。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
包丁無宿(漫画)
正式名称
歌川 静児
ふりがな
うたがわ せいじ
別称
静児

総合スレッド

歌川 静児(包丁無宿)の総合スレッド
2016.05.06 18:09

概要

歌川繁蔵の息子。傷害事件の被害者を装って流助に犯人の汚名を被せた。父親同様の小悪党かと思われたが、その後改心したのか、流助と同様に各地を巡って修業を重ね、料理人として成長。失策を重ねた父に代わって大日本料理協会の会長となる。会長となってからも、何度か流助と対峙するが、その際も卑怯な手は使わず、正々堂々とした勝負を望むようになっていた。

登場作品

東京は築地の料亭桐の家で板前を務めていた暮流助は、傷害事件の冤罪により、大日本料理会から追放され、「流れ板」として全国を放浪することになった。流助は、師匠である和木茂十の教えを噛みしめながら、行く先々...