武居 捨郎

肉弾時代(漫画)の登場人物。読みは「たけい すてお」。別称、武居。ケイリーとはライバル関係。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
肉弾時代(漫画)
正式名称
武居 捨郎
ふりがな
たけい すてお
別称
武居

総合スレッド

武居 捨郎(肉弾時代)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

シャベルパンチと呼ばれる強烈な右パンチで世界フェザー級タイトルマッチまで上り詰めた元ボクサー。戦後、満州からの引き揚げ時、過酷な体験をする。その経験から強迫観念に囚われ、うずくまるような体勢で相手に打たせるだけ打たせてから反撃するボクシングを続けていた。そのいびつなファイトスタイルゆえに、パンチドランカーになり、記憶と知能を失う。

登場人物・キャラクター

前・世界ミドル級チャンピオン。「ビーナスの鼻」の異名を持つほど美しい顔立ちをした伝説のボクサー。KO負けを喫したのはチャンピオンになる前のたった一度だけだが、その敗戦が屈辱となり、いつまでも心に傷を残...

登場作品

世界的な有名な天才小説家Mは、パンチドランカーになってしまった元ボクサー・武居捨郎の試合をプロモートする。武居の対戦相手は伝説の元世界チャンピオンで、その栄光とは裏腹に、敗北の屈辱感にあえいでいる男だ...