武居記者

レッツラゴン(漫画)の登場人物。読みは「たけいきしゃ」。別称、武居 俊樹。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
レッツラゴン(漫画)
正式名称
武居記者
ふりがな
たけいきしゃ
別称
武居 俊樹

総合スレッド

武居記者(レッツラゴン)の総合スレッド
2016.09.01 15:31

概要

週刊少年サンデーでは『おそ松くん』からずっと赤塚不二夫を担当している編集者で、当作品のブレーンでもある。現在もよく見られる「キャラクターとしての編集者」の先駆け的存在。柱のキャッチコピーで赤塚不二夫と抗争を繰り広げるだけでなく、「アラビア語でレッツラゴン」の回では扉絵も描くようになる。

さらには赤塚不二夫と扉絵で活字の問答をするだけでなく、武居記者本人も絵として登場するようになった。さらに「赤塚不二夫のレッツラゴン」の回では、2コマだけだが本編にも登場するようになる。容姿は目が細くて鼻が大きい。そして靴下は臭いとされている。口ぐせは「バーロー!」。実在の人物、武居俊樹がモデル。

登場作品

主人公のゴンは小学校の高学年だが、ほとんど学校には行ってない。父親はいるが、お互いに独立して生計を立てて暮らしている。そんな家族に、山で出会ったクマのベラマッチャが居候し、毎日がしっちゃかめっちゃかに...