武市 半平太

武市 半平太

坂本龍馬(漫画)の登場人物。読みは「たけち はんぺいた」。

登場作品
坂本龍馬(漫画)
正式名称
武市 半平太
ふりがな
たけち はんぺいた
関連商品
Amazon 楽天

概要

実在の歴史上の人物、武市半平太がモデル。土佐藩の郷士。江戸で長州の久坂玄瑞・桂小五郎・高杉晋作、薩摩の樺山三円らと交わり、勤王思想に目覚める。倒幕のために土佐勤王党を結成し、親戚筋の坂本龍馬も加盟させる。藩は不用と考える龍馬らに対し、土佐藩を挙げて勤王で統一させることを重視する。

土佐藩の重臣、吉田東洋が暗殺して藩論を転換させた後、京都で門人の岡田以蔵らを使って開国派の公卿や武士を次々に暗殺する。

登場作品

坂本龍馬

土佐藩の郷士から身を起こした坂本龍馬が、幕末の動乱の中で道を開く様子を描いた伝記漫画。山岡荘八原作の小説を横山まさみちが漫画化。 関連ページ:坂本龍馬

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
坂本 龍馬
梅田 梅太郎
勝 海舟
logo