武田 信廉

ムカデ戦旗(漫画)の登場人物。読みは「たけだ のぶかど」。武田信玄とは親族関係にある。

  • 武田 信廉
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ムカデ戦旗(漫画)
正式名称
武田 信廉
ふりがな
たけだ のぶかど

総合スレッド

武田 信廉(ムカデ戦旗)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

武田家の武将。武田信玄の弟。武蔵松山城攻めで金掘り衆を起用する。以後、左吉の才能と人柄に惚れ込み、肝胆相照らす仲となった。実在した武田信廉がモデル。

登場人物・キャラクター

生粋の金掘り衆ではないが、先代頭目に指名され、新たな頭目となり、ムカデを名乗る。戦国の時流や、金の発掘量を鑑み、工兵隊となって戦場で働く。しかし、頭目になれなかった先代頭目の息子の金蔵の叛乱や、金掘り...
甲斐の国の当主。天下を狙って上洛しようとするも、病によって果たせず。甲斐の国に戻ろうとするが、襲ってきた金蔵たちと左吉たちが戦っている最中に病没する。

関連キーワード

『ムカデ戦旗』に登場する家門。甲斐の国の戦国大名家。天下を狙うだけの力があったが、当主の武田信玄が病没し、さらに長篠の戦いで織田・徳川連合軍に敗北すると、滅亡の道を歩んだ。

登場作品

甲斐の国(現在の山梨県)に、金山発掘を専業とする金掘り衆がいた。その一員である左吉は、他国から送り込まれた忍びを発見し始末する金縛りを担当している。だが、頭目のムカデの指名により、新たな頭目となり、ム...