武田 四郎 勝頼

武田 四郎 勝頼

センゴク 天正記(漫画)の登場人物。読みは「たけだ しろう かつより」。

登場作品
センゴク 天正記(漫画)
正式名称
武田 四郎 勝頼
ふりがな
たけだ しろう かつより
関連商品
Amazon 楽天

概要

実在の武将武田四郎勝頼をモデルとしている。武田信玄の四男(庶子)で、諏訪家に人質として送られ、「諏訪勝頼」と名乗っていた。信玄の死後、まだ幼少の嫡子・武田信勝を当主とした陣代となる。長篠の戦いで大将が前線に布陣するという奇策を持って織田・徳川連合軍を苦しめるが、織田の鉄砲によって敗走。

多くの武将を失う。生き延びた後、織田信長の資金力に対抗すべく、真田昌幸ら若手の登用によって改革を進めようとするが、古くからの家臣が離反。織田軍が攻め寄せる中、新府城に火を放って妻子を殺し、天目山において自害、自ら武田家の歴史に幕を下ろす。

登場作品

センゴク 天正記

天正年間。「小谷城の戦い」における功績により千石を拝領した仙石秀久は、一介の兵から家臣団を率いる指揮官としての立場になっていた。武田家、一向宗による織田信長への包囲網は続いており、仙石秀久も羽柴秀吉子... 関連ページ:センゴク 天正記

SHARE
EC
Amazon
logo