武田 晴信

武田みけん星(漫画)の主人公。読みは「たけだ はるのぶ」。別称、晴信。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
武田みけん星(漫画)
正式名称
武田 晴信
ふりがな
たけだ はるのぶ
別称
晴信

総合スレッド

武田 晴信(武田みけん星)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

甲府風林高校1年生。昭和40年生まれ。武田信玄が出家する前に名乗っていた晴信を名に持つ快男児。身長185センチの偉丈夫で喧嘩が強く体力も抜群。「人は石垣」が口癖で、万人の上に立つ大きな度量の持ち主である。額に星形の痣があり、これを「武田みけん星」と称す。「みけんに星を持った者が武田を再興する」と武田勝頼が言い残したとされ、天下を取る宿命に生まれたことを自覚している。

圧倒的な喧嘩の強さを誇る晴信は入学早々甲府風林高校を掌握し、1年生ながら風林疾風隊隊長となる。しかし、喧嘩で天下を取ることの愚を悟り、ラグビーで日本の総番長を決めることを決意。全国の番長に檄告を飛ばした。

甲府風林高校ラグビー部のポジションは不動のナンバーエイト。

登場人物・キャラクター

諏訪の名家にして山林王である仁科家令嬢。西陵高校3年生。気品ある清楚な美女だが強い意志も併せもつ。武田晴信が心底惚れぬき、最後には結ばれる相手である。

関連キーワード

『武田みけん星』に登場する組織。甲府風林高校の各学年の番長が集まって組織された番長連合の名称。山梨県全域の高校を傘下におさめている。武田晴信は1年生ながら、板垣信正、飯富昌虎、諸角定虎ら6人と共に風林...

登場作品

山梨県の甲府風林高校1年生武田晴信は戦国武将武田信玄の生まれ変わりと言われ、その額の星型の痣から天下を取る宿命の元に生まれたと信じられていた。桁外れの度量と力にめぐまれた晴信は入学早々喧嘩を繰り返し、...