武蔵坊 弁慶

破戒王~おれの牛若~(漫画)の登場人物。読みは「むさしぼう べんけい」。別称、鬼若丸。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
破戒王~おれの牛若~(漫画)
正式名称
武蔵坊 弁慶
ふりがな
むさしぼう べんけい
別称
鬼若丸

総合スレッド

武蔵坊 弁慶(破戒王~おれの牛若~)の総合スレッド
2016.10.03 20:48

概要

怪力無双の大男。傲岸不遜で色に弱いが、弱者に対するいたわりの心を持つ。京の五条大橋で、窮民たちを保護し彼らの元締めとなっていた。牛若丸の世を憂う心と自己犠牲精神に打たれ、平氏打倒の暁には処女をもらうとの約束を交わしたことから、牛若丸の協力者となる。古来の武士・熊野一族に伝わる異形の力を受け継いで生まれ、八咫烏の紋によって真の力を封じられた後、両親から隔離され比叡山西塔の僧・春雷の下で育った。

しかし彼の身の内では真の力と孤独の苦しみを負った人格「鬼若丸」が密かに形成されており、平知盛の攻撃によって致命傷を負った際、それが噴出することとなってしまう。

登場作品

権力の頂点を極めた平清盛が国を支配する時代。京の五条大橋で、窮民たちの元締めとして彼らを保護する怪力無双の大男、武蔵坊弁慶。庇護下の人々を守るため、平氏の暴虐にも逆らわずにいた彼だったが、ある日平氏に...