武藤 カズキ

武装錬金(漫画)の登場人物。読みは「むとう かずき」。

  • 武藤 カズキ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
武装錬金(漫画)
正式名称
武藤 カズキ
ふりがな
むとう かずき

総合スレッド

武藤 カズキ(武装錬金)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

正義感あふれる高校2年生。たまたま見かけた津村斗貴子を助けようとした時に死んでしまい、彼女から与えられた錬金術の合金「核鉄」の力でよみがえる。その後みんなを守りたいという彼自身の意思で、錬金戦団の戦士として戦うことになる。ところが心臓の代わりになっていた黒い核鉄の影響で、彼の体は「ヴィクター化」と呼ばれる、あらゆるエネルギーを吸収する超生命体へと変化しはじめてしまう。

死を選ぶように錬金戦団に宣告されるが、津村斗貴子と共に最後まで諦めることなく、戦い続ける道を選ぶ。武装錬金(武器)は槍の形状をしたサンライトハート。非常にポジティブな性格で、クラスのムードメーカー。

どちらかを選ばないといけない局面に立たされても、常にすべてがうまくいく方法を模索する。津村斗貴子に対しては、まっすぐに愛情をぶつけている。

関連キーワード

『武装錬金』に登場する武器。武藤カズキが所持する錬金術の合金「核鉄」から現れる、巨大な槍型の武装錬金。闘争本能のエネルギーによって、飾り布がエネルギー化し、強化される。その後小型化しつつ、所持者の意思...
『武装錬金』に登場する組織。人を食らうホムンクルスを殲滅し、世界中にあるすべての錬金術の秘具「核鉄」を管理するのを目的とした集団。特にホムンクルスと戦うグループを「錬金の戦士」と呼んでいる。世界各地に...

登場作品

高校2年生の武藤カズキは、ある夜巨大な怪物に襲われ死んでしまう。しかし津村斗貴子によって、「核鉄」という、本能に呼応する錬金術の合金が心臓に埋め込まれ、彼は息を吹き返す。人を喰う錬金術の怪物ホムンクル...