歳子・歳世

SAMURAI DEEPER KYO(漫画)の登場人物。読みは「さいし・さいせい」。

  • 歳子・歳世
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
SAMURAI DEEPER KYO(漫画)
正式名称
歳子・歳世
ふりがな
さいし・さいせい

総合スレッド

歳子・歳世(SAMURAI DEEPER KYO)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

壬生一族五曜星。看護婦の姿をしている。歳子は斬られても再生する身体を持ち、死人を蘇らす能力を持つ。歳世は本来死人だが、歳子によって再生された人物。「心霊手術」という、自分の身体を他人の身体と同期させる能力を持つ。

関連キーワード

『SAMURAI DEEPER KYO』に登場する一族。主人公鬼眼の狂と壬生京四郎が属していた一族。古来から日本の歴史を影で操ってきたという伝説の種族。不老長寿の力を持ち、魂を他の身体に入れ替えるなど...

登場作品

関ヶ原の戦いから4年、愛と平和を謳う薬売りの青年壬生京四郎は、千人斬りの鬼眼の狂と間違われ、賞金稼ぎ・椎名ゆやに捕まってしまう。人違いを証明した京四郎であったが、その後、ゆやと共に訪れた村で、残虐な悪...