死のマラソン

死のマラソン

聖マッスル(漫画)の「2章 命の泉」に登場したマラソンの風習。

登場作品
聖マッスル(漫画)
正式名称
死のマラソン
ふりがな
しのまらそん
関連商品
Amazon 楽天

概要

課せられるのは15歳になった少年少女と70歳以上の老人。少年少女たちにとっては成人の儀式だが、その死亡率は70%にも達する。全裸で走らされる上、最後尾から馬に乗った兵隊たちに鞭でせかされる。しかも、倒れた者は置き去りにされ、定刻までに都に入れなかったら脱落者として国外追放処分となる過酷な内容。

取り仕切っているのは命の泉の権力者で、マラソンを拒めば泉の水をもらえなくなるので、市民たちは逆らうことが出来ずにいた。

登場作品

聖マッスル

記憶をなくした主人公聖マッスルは、たくましい筋肉を持つ青年。自分を知っている者を探すため、荒廃した死の都市、権力者が圧政をしく恐怖の都市、繁栄する巨人王の都市、巨大鯨と闘う北の大地、自由のない奴隷鉱山... 関連ページ:聖マッスル

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
聖マッスル
logo