死巻 兵馬

サスケ(漫画)の登場人物。読みは「しまき ひょうま」。サスケとはライバル関係。

  • 死巻 兵馬
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
サスケ(漫画)
正式名称
死巻 兵馬
ふりがな
しまき ひょうま

総合スレッド

死巻 兵馬(サスケ)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

金貸しの近江屋を通して竹間藩領主に取り入ろうとし、さらに藩の乗っ取りを企む家老から領主暗殺を引き受けた凄腕の浪人。弟の赤ん坊に乳を飲ませようとしたサスケに、金を奪われたことがある。しかしその正体は柳生十兵衛配下の忍者で、領主を矢で射止めた後、乗っ取りの証拠となる連判状を奪って家老と近江屋を死に追いやっている。

その後取り潰され、幕府の直轄領となった竹間藩に再び現れた時は、偽の新奉行となった柳生十兵衛配下の小六に化けていたが、江戸に直訴に向かった百姓たちを殺そうとしてサスケと戦い、左腕を失っている。

登場人物・キャラクター

甲賀流忍者の父親大猿大助から猿飛の術を受け継ぎ、子供ながら微塵がくれや炎がくれなど様々な忍術を駆使する少年忍者。母親を公儀隠密に殺され、その思慕の念に強く囚われることになる。大猿大助と共に諸国を放浪し...

登場作品

江戸時代初期、猿飛の術を使う甲賀流忍者の子供として生まれたサスケは父の大猿大助と共に諸国を放浪。徳川家康に逆らう猿飛の忍者を狙う公儀隠密や柳生忍群に追われながら、虐げられる百姓やキリシタンの味方となっ...