毒のキカイ

毒のキカイ

わたしは真悟(漫画)に登場する、産業用ロボットのモンローが組み立てた部品。

登場作品
わたしは真悟(漫画)
正式名称
毒のキカイ
関連商品
Amazon 楽天

概要

農機具の部品を組み立てるようプログラムされた産業用ロボットにブラックボックスが仕組まれ、導入された町工場でモーターのような毒のキカイを作り、それが世界にばらまかれる。メカに仕込まれビームを発射する武器としての用途があるが、それ以外にも、虹がかかったり、至近距離にいた人間が笑みを浮かべた表情で死亡するなど、異常な現象を引き起こす。

また、武器として使用した人間の体が、機械のように変化したりもする。

登場作品

わたしは真悟

1982年、豊工業という都内の町工場でモンローという愛称の産業用ロボットが、自我に目覚める。モンローは結婚を誓った小学生2人の子どもだと思い込み、両親である近藤悟と山本真鈴の名前から1字ずつ取って、自... 関連ページ:わたしは真悟

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
わたしは真悟
logo