毒島 貴志

ストッパー毒島(漫画)の登場人物。読みは「ぶすじま たかし」。毒島大広とは親族関係にある。

  • 毒島 貴志
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ストッパー毒島(漫画)
正式名称
毒島 貴志
ふりがな
ぶすじま たかし

総合スレッド

毒島 貴志(ストッパー毒島)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

千葉ロッテマリーンズの外野手。左投げ左打ち。背番号7。毒島大広の実兄。天才的な打撃センスの持ち主だが、渡米時に再起不能レベルの大怪我を負ってしまう。走・攻・守どれをとっても一級品で、事故がなければメジャーに上がってバリー・ボンズ級の選手になっていたとまで言われる選手。

必死のリハビリの末に千葉ロッテマリーンズ に入団。まともに走れない状況で1軍の試合に出場し、3打席連続ホームランでデビューを飾った。弟・毒島大広との仲は険悪。

登場人物・キャラクター

パシフィック・リーグのプロ野球球団、京浜アスレチックス投手。背番号55。左投げ左打ち。身長193センチ。1995年ドラフト8位入団。高校時代は部活動での野球の実績がなく、その上素行不良で退学処分を受け...

登場作品

高校時代まったく野球の実績がなく、高校も退学処分となった毒島大広。しかし、弱小プロ野球チーム京浜アスレチックスの名スカウトマン小暮武夫に目をつけられた毒島は奇跡的にドラフト会議で指名され、プロ野球選手...