毒薬のザガノス将軍

毒薬のザガノス将軍

将国のアルタイル(漫画)の登場人物。読みは「どくやくのざがのすしょうぐん」。別称、ゼヘル・ザガノス・バシャ。

登場作品
将国のアルタイル(漫画)
正式名称
毒薬のザガノス将軍
ふりがな
どくやくのざがのすしょうぐん
別称
ゼヘル・ザガノス・バシャ
関連商品
Amazon 楽天

概要

14歳で十人隊長(ユキ・バシュ)を勤め、19歳で十三将軍(ヴェズイール)に昇り詰めた青年。主人公のマフムートが十三将軍に任命されたとき、彼は8年先んじてその任に就いていた。毒薬に限らず物質の調合、錬成、調査に通じており、ウラド王国の鳥肥(ステルコ)の正否を判断したのも彼。

冷徹な慧眼を持ち、策謀を練るのが得意。先を見通す能力から、耳役(クラック)と言う諜報組織を14歳の頃から組織し始め、マフムートが各国を渡り歩いて見聞を広げる際に役立った。黒髪に目元を覆われた陰気な印象の青年。帝国との駆け引きや戦略戦に一歩でもリードしようと知略を練る。

関連キーワード

トルキエ将国

国土の殆どを砂漠と草原に覆われた遊牧民の土地であり、世界の富の9割がそこを通ると言われる商隊の街道(キャラバン・カラヨル)と海の街道(デニズ・カラヨル)とが交差した、交通の要衝が位置する商業国家でもあ... 関連ページ:トルキエ将国

登場作品

将国のアルタイル

ルメリア大陸はバルトライン帝国とトルキエ将国、港湾都市国家や花の都共和国などが、それぞれ独自の文化文明を築きながら併存する架空の世界。その大陸の覇権を狙って動き出す帝国に対し、主人公が決死の覚悟で立ち... 関連ページ:将国のアルタイル

SHARE
EC
Amazon
logo