毒虫小僧

毒虫小僧(漫画)の主人公。読みは「どくむしこぞう」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
毒虫小僧(漫画)
正式名称
毒虫小僧
ふりがな
どくむしこぞう

総合スレッド

毒虫小僧(毒虫小僧)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

日の本三平が変身した姿。人間サイズの巨大なイモ虫。地中を掘り進んで移動する能力を持つ。頭、背中の各節、尾に毒針があり、人間を刺し殺す能力を有する。日の本家では日の本三平の部屋に閉じ込められ、残飯を与えられていた。やがて日の本太郎の出世の邪魔になるとして、毒を盛られ庭に埋められる。

だが地中で蘇生し、トンネルを掘ってマンホール(下水道)に逃げた。日の本三平だった頃の復讐心から人間を襲うが、やがて記憶が薄らいで快楽殺人に耽るようになる。

登場人物・キャラクター

新町小学校5年1組の小学生。小動物を愛する心やさしい一面を持つが、教室にイモ虫やヘビを持ち込むなどして気味悪がられる。成績はオール1、逆上がりもできない運動音痴。学校の行き帰りに3人組のいじめっ子にい...

関連キーワード

物語中では下水道網全体がマンホールと呼ばれる。毒虫小僧となった日の本三平が住処とする。やがて毒虫小僧が快楽のために殺した人間の死体で山ができた。

登場作品

醜い風貌の小学5年生・日の本三平は学校にも家庭にも居場所がなく、秘密の隠れ家に入り浸る。春休みのある日、日の本三平は激しい吐き気に襲われて口から赤い毒虫を吐き出す。その毒針に指を刺されて全身が溶ける奇...