毒鬼 醜憎

ついでにとんちんかん(漫画)の登場人物。読みは「どくおに しゅうぞう」。毒鬼悪憎とは親族関係にある。

  • 毒鬼 醜憎
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ついでにとんちんかん(漫画)
正式名称
毒鬼 醜憎
ふりがな
どくおに しゅうぞう

総合スレッド

毒鬼 醜憎(ついでにとんちんかん)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

「集合!人助け!!の巻」で初登場。毒鬼悪憎の息子で礼院棒中学の生徒。怪盗とんちんかんのメンバーたちとは同級生である。とんちんかんの正体が東風、珍平、甘子、抜作先生ではないかと早くから勘づいており、何度となくメンバーたちを問い詰めてきた。しかし、怪盗とんちんかんの活躍から抜作先生や天地くんらのギャグが花氏の中心になると、「あやしい」と一言つぶやくだけの存在に変化していった。

抜作先生が落雷のショツクでまともになった回ではショックのあまり「あやしい」の一言を噛んで口に出せなくなったり、他の回では別の人に「あやしい」を先取りされたこともある。物語終盤ではとうとう、「あやしい」に対して肥かごを担いだ「こやしい」というギャグで返されていた。

最終回では抜作先生を取り返そうとするとんちんかんにエールを送っていた。スキー授業で新潟に行ったときは、女湯を覗こうと煽動するなどスケベな一面もある。

登場人物・キャラクター

大日本警察署の警部で、第1話からずっと怪盗とんちんかんを追いかけているライバル的存在。しかし詰めが甘いので、いつもとんちんかんには逃げられてばかりの連戦連敗。天地くんこと天地無用と組むようになってから...

関連キーワード

怪盗とんちんかんや怪盗あんぽんたんのメンバー、毒鬼醜憎などが通う中学校で男女共学。先生は間抜作や吉沢狂子以外に、数学教師で吉沢先生に横恋慕している森田元作(もりたげんさく)、美術教師でやる気のない引飛...

登場作品

怪盗とんちんかんは大邸宅にある価値のないものばかりを、予告状を出して盗んでいく怪盗。警備する大日本警察署の面々も、リーダーこと間抜作のアホを中心とするとんちんかんの力には勝てずじまい。そんな彼らの正体...