毛虎親方

毛虎親方

花の慶次 ―雲のかなたに―(漫画)の登場人物。前田慶次とはライバル関係。

登場作品
花の慶次 ―雲のかなたに―(漫画)
正式名称
毛虎親方
関連商品
Amazon 楽天

概要

琉球の王・尚寧に仕える重臣のひとり。武術の達人で尚寧の武術の師でもある。妖術を操ることもでき、その力で利沙を拉致して尚寧のもとに届けた。利沙を追って首里城まで来た前田慶次と一騎討ちで激突。右腕を切断する重症を負いながらも戦おうとするが、慶次利沙へのまっすぐな想いと意地を知り、敗北を認めた。

なお、尚寧慶次との面会を希望。戦いを仕掛けたのは毛虎親方の独断であった。

関連人物・キャラクター

尚寧

太陽のような存在として民から慕われている琉球の王。若き日に海族の利沙と恋に落ちたが、王に即位するためにその恋を諦めざるを。涼やかな心の持ち主で、同じ女性を愛しながらも前田慶次との間には奇妙な友情が生ま... 関連ページ:尚寧

前田慶次

日本の戦国時代の武将・前田慶次郎をモデルとしている。加賀の大名、前田利家の甥で、身の丈六尺五寸(197cm)を超える大柄の武士。義に厚く、器の大きい自由気ままな風流人として生きる傾奇者にして、無類の戦... 関連ページ:前田慶次

登場作品

花の慶次 ―雲のかなたに―

時は戦国時代末期、加賀前田家の武将・前田慶次は、お家の鼻つまみ者として、当主の前田利家に疎まれながらも、稀代の傾奇者として好き勝手に、そして雅に振る舞い、人々の信任を得ていた。もはやその大器に加賀は狭... 関連ページ:花の慶次 ―雲のかなたに―

SHARE
EC
Amazon
logo