水前寺 龍揮

低俗霊狩り(漫画)の登場人物。読みは「すいぜんじ たつき」。水前寺草雲とは親族関係にある。

  • 水前寺 龍揮
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
低俗霊狩り(漫画)
正式名称
水前寺 龍揮
ふりがな
すいぜんじ たつき

総合スレッド

水前寺 龍揮(低俗霊狩り)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

流香魔魅の師匠である水前寺草雲の息子。眼鏡をかけている。魔魅のことが好きで、霊能師としての仕事を持ってくるほか、サポートをすることも。彼自身も霊能師であり、除霊を行うが、その方法は能力を使い力づくで抑えるものである。強大な力を持つ父に対するコンプレックスから、父が作成した呪術用の札や品物を使わない。

登場人物・キャラクター

霊能師として様々な問題を引き起こす霊を祓うことを仕事としている。本人は低級霊ハンターを自称しており、通称である低俗霊ハンターと呼ばれることを好まない。霊を呼び出し、説得することで納得させ、成仏させる方...
流香魔魅の師匠であり、水前寺龍揮の父。白髪にヒゲを蓄えた70代の老人ながら矍鑠としており、冗談まじりの会話を好む。その霊能力は絶大で、魔魅に妖怪じーさんと呼ばれることも。箱根に住まいをかまえる。

登場作品

主人公の流香魔魅は、霊能師として、様々な問題を引き起こす霊の除霊を仕事としている。低級霊ハンターを自称しているが、恋愛や性にかかわる問題を原因とする、あるいはスカートめくりや痴漢など、直接的に性的ない...