水前寺 龍揮

水前寺 龍揮

低俗霊狩り(漫画)の登場人物。読みは「すいぜんじ たつき」。水前寺 草雲とは親族関係にある。

登場作品
低俗霊狩り(漫画)
正式名称
水前寺 龍揮
ふりがな
すいぜんじ たつき
関連商品
Amazon 楽天

概要

流香魔魅の知人で、魔魅と同様に霊に関するトラブルを解決する職業「拝み屋」として活動する若い男性。大呪術師である水前寺草雲の息子でもある。前髪を目の上で切って右寄りの位置で分け、癖のある髪の毛を襟足まで伸ばして眼鏡をかけている。温和な性格で、話す時は基本的に敬語。魔魅に好意を寄せており、個人でも活動するかたわら、魔魅に仕事を紹介したり、協力を要請することもある。

また、隙あらば魔魅と親しくなろうと策略をめぐらせている。

関連人物・キャラクター

水前寺 草雲

流香魔魅の師匠で、水前寺龍揮の父親。箱根で暮らしている。前髪を左寄りの位置で分けて目の上で切り、肩につくほどまで伸ばした髪を後ろで1つに結んでいる。のどに届きそうなほど長く顎ひげを伸ばし、眼鏡をかけて... 関連ページ:水前寺 草雲

流香 魔魅

低級霊ハンターとして活動する若い女性。周囲には「低級霊」ではなく「低俗霊」と誤解されることが多く、一般的には「低俗霊ハンター」として知られている。175センチの長身に前髪を目の上で切りそろえ、胸まで伸... 関連ページ:流香 魔魅

登場作品

低俗霊狩り

あらすじ流香魔魅は、主に低級な霊が起こすトラブルを解決する「低級霊ハンター」。知人の水前寺龍揮からの紹介や、学校校長、建設会社社長などから依頼を受け、女性に性的な嫌がらせをする霊や、人間関係のトラブル... 関連ページ:低俗霊狩り

SHARE
EC
Amazon
logo