水木 しげる

水木 しげる

ゲゲゲの家計簿(漫画)の主人公。読みは「みずき しげる」。別称、武良。

登場作品
ゲゲゲの家計簿(漫画)
正式名称
水木 しげる
ふりがな
みずき しげる
別称
武良
別称
水木
別称
しげーさん
関連商品
Amazon 楽天

概要

本名は武良茂。神戸で水木荘というアパートを経営しながら、紙芝居を描いていた。その頃から家計簿をつけ始める。紙芝居が廃れ、貸本マンガへ乗り出す。その後、貸本も不景気になり、月刊マンガ誌で描き始める。昭和40年8月15日『別冊少年マガジン夏休みお楽しみ特大号』に掲載された『テレビ君』で第6回講談社児童まんが賞受賞。

次々と雑誌の仕事が舞い込み、昭和41年6月15日水木プロダクション設立。家計簿をつける必要もなくなり、以降つけていない。実在の漫画家、水木しげるがモデル。

登場作品

ゲゲゲの家計簿

売れっ子マンガ家になる前の水木しげるが昭和26年から昭和41年にかけてつけていた家計簿を基に、紙芝居の画稿描きから、貸本マンガ、そしてマンガ月刊誌でデビューするまでの生活情景が描かれている。 関連ページ:ゲゲゲの家計簿

SHARE
EC
Amazon
logo