水無月 右近

水無月 右近

カムイ伝(漫画)の登場人物。読みは「みなづき うこん」。

登場作品
カムイ伝(漫画)
正式名称
水無月 右近
ふりがな
みなづき うこん
関連商品
Amazon 楽天

概要

浪人者で、剣の使い手。日置藩の剣術指南役だった笹一角を倒したことがある。横目と斬り合い、片足を失った。そのため、横目を仇と狙うが、やがてアテナに惚れ、行動を共にするようになる。アテナの死後、生きがいを見失い、一揆の首謀者として江戸に送られる正助たちを助けようとして斬り死にする。

関連人物・キャラクター

横目

日置藩の非人頭。目付けの橘軍太夫の手足として動いていた。日置領になってからは、徳川幕府の意向に従っている。早くからカムイの才能を認め、配下に誘うものの袖にされた。日置大一揆後、非人たちに背かれると、わ... 関連ページ:横目

関連キーワード

日置藩

七万石の外様の小藩。藩主の日置弾正は暗愚であり、藩政は目付けの橘軍太夫に壟断されている。苛斂誅求に喘ぐ百姓たちが、何度か一揆を起こしている。徳川家康の秘密を握っており、それを暴くために多数の公儀隠密が... 関連ページ:日置藩

登場作品

カムイ伝

江戸時代の日置藩。夙谷の非人部落に生まれ、公儀隠密の下忍になりながら、抜忍の道を選ぶカムイ。花巻村の百姓の中でも最下層の下人から、身を起こし、やがて一揆のリーダーとなる正助。日置藩の次席家老の嫡男だっ... 関連ページ:カムイ伝

SHARE
EC
Amazon
logo