水野 忠成

八百八町表裏 化粧師(漫画)の登場人物。読みは「みずの ただあきら」。別称、水越 忠左衛門。

  • 水野 忠成
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
八百八町表裏 化粧師(漫画)
正式名称
水野 忠成
ふりがな
みずの ただあきら
別称
水越 忠左衛門

総合スレッド

水野 忠成(八百八町表裏 化粧師)の総合スレッド
2016.08.04 14:45

概要

江戸幕府の老中。式亭小三馬の評判を聞きつけ、なにかと難題を持ち込んでくる。その際、直接自分で会っており、正体が知られていると知りつつも、お忍びなので水越忠左衛門と名乗る。自分と相通ずるものを感じる小三馬が気に入っている。江戸の再開発を利用して日光東照宮の普請費用を捻出し、将軍の機嫌取りをする謀略を知られ、小三馬を始末することにした。

登場作品

江戸時代末期の文政年間、江戸の町で話題の薬屋である式亭正舗の若き主人、式亭小三馬は、その豊富なアイディアと意表をついた化粧で町の諍いごとや騒動を解決していく。その評判が老中水野忠成にまで届き、小三馬は...