水野 晶

水野 晶

センチメントの季節(漫画)の主人公。読みは「みずの あきら」。

登場作品
センチメントの季節(漫画)
正式名称
水野 晶
ふりがな
みずの あきら
関連商品
Amazon 楽天

概要

セックスを求められることでしか自分の価値と存在を確認できないおとなしそうな女子高生。行きずりで会社帰りの家路につく根津裕貴の父親ともセックスする。手首にリストカットの後がある。クラスメイトの男子数人にトイレでセックスを強要された後、根津君と静岡まで数日間の逃避行をする。

良枝に「いなくなればいい」と言われて手首を切るが、その良枝に助けられ、長生きしておばさんになって若い女に男を寝取られればいいと言われたことで、セックスで自己確認している自分もいつかおばさんになるのだと気づく。

逃避行騒動が一段落して根津と初めてセックスした直後に、何も言わずに転校してしまう。

関連人物・キャラクター

根津裕貴

水野晶が体育倉庫でクラスメイトとセックスしているのを、体育をサボっていて目にしてしまった気の弱い男子高生。母親に重圧感を感じ、またクラスメイトの男子何人かからイジメにあっている。晶とのセックスをイジメ... 関連ページ:根津裕貴

登場作品

センチメントの季節

1990年代の女子高生の性愛を、主に少女から女に変わりつつある10代の主人公たちの目線から淡々と赤裸々に描く。中学生の幼馴染同士のセックスから学生の年の差カップル、女子高生と同級生、教師や漫画家とのセ... 関連ページ:センチメントの季節

SHARE
EC
Amazon
logo