氷の枝

氷の枝

冬の惑星(漫画)に登場する物。読みは「こおりのえだ」。

登場作品
冬の惑星(漫画)
正式名称
氷の枝
ふりがな
こおりのえだ
関連商品
Amazon 楽天

概要

太い氷柱を指で溶かして作り上げられた。鉱物質成分を多量に含んでいるため、一度そのような加工をされると、溶けにくく、成長しにくい性質を獲得、氷の森の中で、半永久的に保存される。音や風に共振し、特定の音に対して、もっとも強く共鳴するように作られている。惑星グインⅡの原住民達は、死の間際に一度だけ一種の言葉を発する。

人生の記録であるその音に、氷の枝は共鳴するように作られ、最終的に氷の森に集積される。

登場作品

冬の惑星

惑星グインⅡに生きる原住民の子供は、人類の探索隊を氷の森に立ち入らせ、氷の枝を折らせた罪のために、右足を凍傷で失わされる。恋に落ち、子供をもうけるが、その子供も同様の罪を犯したために、自ら左腕を落とし... 関連ページ:冬の惑星

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
冬の惑星
logo