氷夏 桐子

ハツカネズミの時間(漫画)の登場人物。読みは「ひなつ きりこ」。

  • 氷夏 桐子
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ハツカネズミの時間(漫画)
正式名称
氷夏 桐子
ふりがな
ひなつ きりこ

総合スレッド

氷夏 桐子(ハツカネズミの時間)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

もともとは蒼崚学園の生徒で、5歳のときに脱出。このとき高野槙に一緒に来るよう誘うものの、がこれを拒否したため一人で逃れていった。その後、に拾われ、以降はともに生きていくようになる。とは喧嘩が絶えないが、それはのことを想っているが自分が妹としてしか扱われないため。

珍しく長く滞在した新宿での生活に馴染んでいたところ、友人が万引きで捕まったせいで素性がバレ、12年ぶりに蒼崚学園に連れ戻された。うかうかしていると危険を冒してまでが自分を救出しにきてしまうと考え、いち早く再び脱出しようと画策。当初は再会したを利用しようとしていたが、次第にそうした考えを持つ自分が嫌になり一人でどうにかしようと考える。

だが、それが成功する前にが現れ、ともに脱出。その際、たちを一緒に連れて行こうとする。園倉茗新山椋がギリギリで留まった結果、とともに新宿に舞い戻った。外の世界に慣れないのため、バイト先を斡旋するなど世話を焼くように。鳴沢檀と取引した茗がのもとに現れた結果、蒼崚学園に赴くことを決意したため、桐子も同道する。

なお、新宿ではバーでアルバイトをしていた。

登場人物・キャラクター

園倉茗、新山椋、室樹棗らとともに子供のころから蒼崚学園で育つ。蒼崚学園で投与されている試薬の影響で、色盲になってしまった。5歳のころ、氷夏桐子が蒼崚学園を脱出する際、桐子からともに来るよう誘われるがこ...

関連キーワード

『ハツカネズミの時間』に登場する学校。生徒たちにはエリート養成のための一貫校と説明されているが、その実態は鳴沢製薬によって身寄りのない子供たちが集められ、さまざまな試薬を投与するための実験施設である。...

登場作品

エリートを育成するため、幼いころから世俗から離れた環境で一貫教育を行う蒼崚学園。生徒たちは自分たちが通う学校に疑うことなく学生生活を過ごしていた。主人公の高野槙もそのひとり。しかし槙の日常は、氷夏桐子...