氷室 将介

氷室 将介

月下の棋士(漫画)の主人公。読みは「ひむろ しょうすけ」。滝川幸次とはライバル関係。御神三吉とは親族関係にある。

登場作品
月下の棋士(漫画)
正式名称
氷室 将介
ふりがな
ひむろ しょうすけ
関連商品
Amazon 楽天

概要

キャップ型の帽子を被り、ラガーシャツを着て、ジーパンを履いている男子。1975年生まれで初登場時は18歳の将棋棋士。高知出身で幼少から祖父・御神三吉と将棋を指していたが、祖父推薦状を携えて上京する。書類上の師匠を虎丸竹千代として特例で奨励会に入会。その後、プロ入りする。

天才的な棋力を持ち、難局では驚異的な集中力を発する。その力を鈴本永吉は猖獗と呼んだ。初手に端歩を突く祖父譲りの特徴がある。最年少で名人位を獲得した滝川幸次は宿命のライバルとなる。性格は傍若無人で相手に敬意を表さず、時には激昂して暴力に訴えることもある。また棋界での力関係といったことにも関心が無い。

こうした態度によって孤立し、重鎮・大原巌に睨まれるなど頻繁に問題を起こす。一方刈田升三等、その傑出した才能に注目する人々も現れる。作者能條純一は実在のプロ将棋棋士羽生善治を取材した際のカルチャーショックから生まれたキャラクターと記している。

関連人物・キャラクター

滝川幸次

眼鏡をかけた冷徹な雰囲気の男性。プロの将棋棋士。師匠は村木武雄。第51期名人戦で大原巌を破り最年少で名人位を獲得。圧倒的な強さを誇るが、名人位を得て以降は奇行が多くなる。氷室将介と出会い、彼との勝負に... 関連ページ:滝川幸次

御神三吉

角刈りの老年の男性。氷室将介の母方の祖父であり、育ての親。かつては「棋界の暴れん坊」と呼ばれた将棋のプロ棋士で、時の名人位村木武雄と対戦したこともあったが、故郷・高知に戻り氷室将介を育てた。モデルは実... 関連ページ:御神三吉

登場作品

月下の棋士

祖父・御神三吉から厳しく将棋を仕込まれた氷室将介は、プロ棋士となるため故郷の高知から上京し、特例で奨励会に入会。圧倒的な強さで連勝を重ねる。プロ棋士となった氷室将介は、新設された王竜戦で重鎮大原巌・刈... 関連ページ:月下の棋士

SHARE
EC
Amazon
logo