氷河 勝

氷河 勝

ブンの青シュン!(漫画)の登場人物。読みは「ひょうが まさる」。別称、氷河。

登場作品
ブンの青シュン!(漫画)
正式名称
氷河 勝
ふりがな
ひょうが まさる
別称
氷河
関連商品
Amazon 楽天

概要

関東一のリトルリーグチーム・「エンペラーズ」のキャプテン、およびエースで四番打者を務める野球少年。天才的なバッターであり、全身バネ仕掛けで負荷をかけながらトレーニングをするなどストイックな向上心を持つが、リトルリーグにライバル不在の現状を嘆いていた。町で出会ったブンを「100年にひとりの肩」の持ち主と見て、己のライバルとなりうる存在として期待をかける。

小学生時代のブンとは練習試合で激闘の末敗れるが、その後2年間、王貞治の指導を受けて一本足打法を会得し、関東大会決勝戦でブンのチームを下す。凡庸な投手を前にすると心に寒さを感じて体がふるえるという「むなしさのふるえ」を起こすことがある。

登場作品

ブンの青シュン!

病で早逝した父・文太の遺志をつぎ、野球へ打ち込む少年・ブンこと文部瞬。ブンはライバル達に出会い、競い合いながらひたむきに野球へ青春をかけるが、その明るさの陰には父譲りの持病が影を落としていた。実在の野... 関連ページ:ブンの青シュン!

SHARE
EC
Amazon
logo