氷素爆弾

氷素爆弾

UTOPIA 最後の世界大戦(漫画)に登場する兵器。読みは「ひょうそばくだん、ひょうばく」。

登場作品
UTOPIA 最後の世界大戦(漫画)
正式名称
氷素爆弾
ふりがな
ひょうそばくだん、ひょうばく
関連商品
Amazon 楽天

概要

「氷爆」と略される。20XX年の第三次世界大戦において敗色濃厚だったS連邦が、A国に対して使用。周囲の温度を急激に低下させ、一面を氷の世界にしてしまう爆弾。さらに放射線による被害も甚大となる。一発で7千万人が死ぬと開発者が語っているが、実際に使われた氷素爆弾の威力は想像以上に大きく、100年後の世界でも地球の半分は氷に覆われたままの死の世界となっている。

登場作品

UTOPIA 最後の世界大戦

20XX年、第三次世界大戦の最中に使用された氷素爆弾によって、地球は氷漬けとなってしまう。「戦争反対罪」で投獄され、人体実験のためにシェルターに入れられた父とその息子だけが皮肉にも生き残る。そして次に... 関連ページ:UTOPIA 最後の世界大戦

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
UTOPIA 最後の世界大戦
logo