永野 英吉

永野 英吉

がんばれ元気(漫画)の登場人物。読みは「ながの えいきち」。永野 たけしとは親族関係にある。

登場作品
がんばれ元気(漫画)
正式名称
永野 英吉
ふりがな
ながの えいきち
関連商品
Amazon 楽天

概要

初登場時はサングラスをかけた中年男性で永野ボクシングジムの会長。5年8か月ぶりにプロ復帰したシャーク堀口の世話を焼く。中学を卒業した堀口元気が上京して永野ボクシングジムにやってきた時は息子の永野たけしにジムを譲っていた。元気関拳児のWBA・WBC世界フェザー級タイトルマッチを楽しみにしていたが、その2週間前に病院で息を引き取る。

関連人物・キャラクター

永野 たけし

主人公・堀口元気が所属する永野ボクシングジムの会長。30代ぐらいで、サングラスをかけている。先代である永野英吉の息子。上京直後、トレーナーを断り続けた元気の態度にブチ切れるなど、父や関拳児へのこだわりを持つ元気と衝突することも多かったが、次第に理解を示すようになる。

シャーク堀口

堀口元気の父。31歳。六回戦のライト級ボクサーだったが、勝ちに恵まれず、妻・堀口美奈子の死をきっかけに引退。元気を引き取ろうとする美奈子の父母・田沼樹三郎、田沼愛子の反対を押し切り、元気を自分一人の力... 関連ページ:シャーク堀口

関連キーワード

永野ボクシングジム

『がんばれ元気』に登場するボクシングジム。主人公・堀口元気が所属するジムであり、かつては元気の父・シャーク堀口も所属選手であった。初登場時の会長は永野英吉。のちに元気が上京した頃には息子の永野たけしが会長を務め、ジムも近代的な大きなビルになっていた。

登場作品

がんばれ元気

プロボクサーである父ともつれ合うように生きていた5歳の少年・堀口元気が、父の死後、世界チャンピオンを目指してボクシングに打ち込む姿を描く。ボクシング漫画の名作『あしたのジョー』のファンでもあった作者が... 関連ページ:がんばれ元気

SHARE
EC
Amazon
logo