江川 卓

江川 卓

江川と西本(漫画)の主人公。読みは「えがわ すぐる」。別称、馬尻。

登場作品
江川と西本(漫画)
正式名称
江川 卓
ふりがな
えがわ すぐる
別称
馬尻
関連商品
Amazon 楽天

概要

日本野球界の歴史に燦然と名を残す怪物投手。栃木県作新学院高校時代にはノーヒット・ノーランを9回、完全試合を2回達成した。高校三年の時、選抜甲子園大会に初出場。噂にたがわぬ剛球で全国に名をとどろかせた。松山商業高校西本聖とは選抜甲子園大会の後、練習試合初対戦し、ホップすると言われた剛球で彼らをノーヒット・ノーランに抑えた。

この試合前、西本聖とブルペンで並んで投げた江川卓は、かつての甲子園のヒーロー太田幸司の話題をふり、ひとつ下の彼と気さくに会話した。高校三年の夏の甲子園大会では調子を落とし、千葉県代表銚子商業高校に敗退。その後昭和48年のドラフト会議で阪急ブレーブスに1位指名されたが入団を拒否した。

早慶戦で投げることに憧れ慶應義塾大学を受験するが不合格となり、法政大学に進学した。外観の特徴として両耳が大変大きいことが挙げられるが、尻も異常に大きく、まるで馬のようであることから「馬尻」(ばけつ)というあだ名がついていた。

実在の元プロ野球選手江川卓をモデルとする。

登場作品

江川と西本

プロ野球球団読売ジャイアンツでエースの座を競い合った「怪物投手」・江川卓と「雑草投手」・西本聖。ふたりのライバル伝説をその幼少時から描いた実録野球漫画。 関連ページ:江川と西本

SHARE
EC
Amazon
logo