江戸川 乱歩

江戸川 乱歩

北神伝綺(漫画)の登場人物。読みは「えどがわ らんぽ」。別称、平井 太郎。

登場作品
北神伝綺(漫画)
正式名称
江戸川 乱歩
ふりがな
えどがわ らんぽ
別称
平井 太郎
関連商品
Amazon 楽天

概要

小説家で、本名は「平井太郎」。子供たちをさらう怪人赤マントの謎を追う私立探偵として、兵頭北神の前に現れる。事件の背後に国家的な陰謀が隠されていると推理している。作品への軍の検閲にうんざりしており、検閲のゆるい少年小説に転向する。満州に渡った明智小五郎に代わって怪人二十面相から帝都を守る少年探偵団の物語を、北神と滝子をモデルにして描く。

小説家、評論家で「怪人二十面相」「黒蜥蜴」などを著した江戸川乱歩がモデルである。

登場作品

北神伝綺

柳田國男は、自らが唱えた「日本先住民としての山人実在説」を放棄し、天皇を頂点とする大和民族の構築へ方向転換を図る。そして昭和10年には、国家支援のもと全国規模の山村調査を実施、山人狩りを行っていた。兵... 関連ページ:北神伝綺

SHARE
EC
Amazon
logo