江戸門 団鉄

江戸門 団鉄

へんき~んタマイダー(漫画)の登場人物。読みは「えどもん だんてつ」。

登場作品
へんき~んタマイダー(漫画)
正式名称
江戸門 団鉄
ふりがな
えどもん だんてつ
関連商品
Amazon 楽天

概要

十数年前に、「あかずの用務員室」と呼ばれる仕置部屋に送られ、地下牢にいれられたまま行方不明になっていた人物。穴を掘って逃げようとしたが、極度の方向音痴のため、十数年迷っていたという。全身毛むくじゃらで、モグラのように素早く穴を掘る。アレクサンドル・デュマ・ペールの小説『モンテ・クリスト伯』の主人公、エドモン・ダンテスがモチーフと思われる。

登場作品

へんき~んタマイダー

変金太は家庭でも学校でもいじめられる弱虫な小学生。いじめに遭うたびに、自分に変身能力があったらと夢想していた。ある日、小学校一の美少女・伊藤よがりが、インキン怪人インキンタマイダーに襲われそうな場面に... 関連ページ:へんき~んタマイダー

SHARE
EC
Amazon
logo