沖田 総司

ウエスタン武芸帳(漫画)の主人公。読みは「おきた そうじ」。別称、沖田。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ウエスタン武芸帳(漫画)
正式名称
沖田 総司
ふりがな
おきた そうじ
別称
沖田

総合スレッド

沖田 総司(ウエスタン武芸帳)の総合スレッド
2016.08.04 14:45

概要

新撰組隊士。三条大橋で出会った坂本龍馬を深く恨んでいる。イギリス軍艦ウェルズに乗って、アメリカに向かった龍馬を追い、お小夜、山南達と共にフランスの潜水艦ヴェルヌに乗った。池田屋にいる悪夢を見、自分が誰かという混乱を見せる。ウェルズにヴェルヌが接近した際、自ら銃で銛を打ってウェルズに乗り込み、龍馬に剣を向けた。

途中、ロシアの海賊船からの攻撃にあい、逃亡。海中でロシアの乗組員と、骸骨を倒し、ヴェルヌに戻った。永倉の画策に気づき、お小夜を原田達の部屋に移動させた。補給船キャプシーヌに上陸、自分の幻影と戦闘した。

その後、キャプシーヌが偽物であると看破、破壊した。サンフランシスコに到着後、龍馬を追って、お小夜と共にチャイナタウンに進入。宝田魏の呪術士に、お小夜を拐かされそうになるが、御者に化けて彼の屋敷まで進入した。同時に現れた楊により、お小夜は奪われてしまう。呪術士を殺した後、龍馬と再会、彼に向けて剣を振りおろすが、宝の電気を仕込んだ鎧に阻まれ、感電し、気を失ってしまった。

その後、ウォーレン達と共に龍馬を追って行くことを拒否、お小夜達と共に大平原地帯へと旅立っていった。歴史上の人物、沖田総司がモデル。

登場作品

1800年代後半の日本では、フランスから科学兵器を取り入れた幕府軍が各地で圧倒的な勝利を収めていた。土佐・長州は降伏、薩摩の降伏も時間の問題とみられていたが、唯一の懸念は坂本龍馬の行方がわからないこと...