沙羅の母

天使のツラノカワ(漫画)の登場人物。読みは「しゃらのはは」。草薙沙羅とは親族関係にある。

  • 沙羅の母
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
天使のツラノカワ(漫画)
正式名称
沙羅の母
ふりがな
しゃらのはは

総合スレッド

沙羅の母(天使のツラノカワ)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

名前は不明。龍世の年の離れた姉で沙羅の母親。奥沢の曹洞宗の寺院、月洸寺(げっこうじ)住職の妻。家と娘の両方の将来を思って沙羅に見合いを勧めるが理解されない。沙羅とは真逆で、控えめで気の弱い性格。

登場人物・キャラクター

曹洞宗の寺院の一人娘で阿木龍世の姪。黒髪ロングヘアの美女。龍世のことが好きで叶わない恋愛のストレスを紛らわすために、彼女のいる男と肉体関係を持っては周りの女性の恨みを買っている。篠原美花の彼氏とも浮気...

登場作品

敬虔なクリスチャンだった篠原美花は神を信じて慎ましく生きてきた。しかし恋人の浮気、けが、空き巣などのさんざんな目に遭い、神様はいないこと悟る。そんな美花の前に現れた龍世、紫生、沙羅の3人の男女によって...